JCBギフトカードの偽造券の特徴と見分け方

2020年3月に券面リニューアルしたJCBギフトカード5,000円券の偽造券が度々、発見されています。

偽造券にご注意ください!

年の瀬のバタつく時期ですので、持ち込まれるケースがあるかもしれません。

皆さんも、充分に気をつけてください。

株式会社ジェーシービーの発表によると以下の通りです。

今回確認された偽造券の主な特徴

偽造券

偽造券は精巧なデザインで印刷されていますが、下記の点に真正券との相違点があります。

1)裏面左下に表記されている発行元が「株式会社ジェーシービー」で券番号が「6」から始まっています。

JCBギフトカードの真正券はすべて券番号が「5」から始まります。

なお、券番号が「6」から始まるのは発行元が「株式会社JTB」のJTBナイスギフト(提携ギフトカード)となります。

2)ギフトカードを上下に動かしても表面右側のホログラム内の花の絵柄が立体的に見えません。

(真正券は上下に動かすと浮き出てくるような立体感が感じられます。)

3)表面右側のホログラムと飾り罫線の重なっている箇所の飾り罫線の位置がズレています。

(真正券は上部/下部の飾り罫線が一直線に並んでいます。)

4)水平に近い角度から見ても表面右下に5000の数字が浮き出て見えません。

表面はつるつるした手触り感です。

(真正券は券面を斜めに傾けると5000の文字が現れます。表面はザラザラした手触り感です。)

参考になれば幸いです。