スタールビーの種類と見分け方について

ルビーの中でもカボションカットを施したときに、宝石表面にまるで星のような模様が出る物をスタールビーと呼び、その美しい六条の光は人気の高い宝石です。

この模様は、どのような宝石にでも入るというわけではなく、宝石中に含まれる針状のルチル結晶が特定の条件下でスターのような模様を表現する非常に珍しいものです。

ルチル結晶などが含まれる事がスタールビーになる要因ですが、これはインクルージョンですので、普通のルビーとは違い透明度は欠けます。

しかし、スタールビーの六条の光が美しく出現するには透明度が低いという事であまりデメリットにはなりえません。

★ 見分けるポイント

近年、非常に作りが精巧でスターも綺麗に出ている偽物のスタールビーが市場に出回っています。

しかし、見分け方のポイントを押さえておく事である程度分かるようになります。

①  偽物は六条のスターがハッキリしている

もちろん偽物の物のほうが全てはっきりしたスターというわけではありませんが、一般的に偽物のスタールビーは六条の光も人工的に作られている為、不自然なほどハッキリとスターが出現している場合が多く、違和感があります。

本物のスタールビーの模様は、濃淡があり、自然にぼやけて見えるのです。

本物はくっきりとスターは出ないが、偽物はいかにもスターといった具合にハッキリ六条の光が輝いていると覚えて下さい。

②  ルース(裸石)の裏面を確認してみましょう

ルース(裸石)の状態のスタールビーであれば、まず裏面を確認しましょう。

偽物のスタールビーの場合、ほとんどが綺麗に平らに処理されています。

本物のスタールビーの場合は、そこまで平らに処理されることなどはなく、コロンとしています。

これは、わかりやすい判別方法です。

③  持った時の感覚が違う

これは全てのカラーストーンに言えることですが、本物の宝石を手に取った時には、手に『ひんやり』とした冷たさを感じるものです。

偽物の場合は、ガラスや合成石で作られている為、本物の鉱物のような冷たさは感じられません。

何度もカラーストーンに触っていればつかめる感覚です。

チャンスがあれば、多くのカラーストーンを感触を意識しながら触れるようにしてみましょう。