腕時計の風防の違いや見分け方について

腕時計の風防の違いや見分け方について

時計には文字盤を守る為にガラスがついています。

この風防ですが時計によって種類があります。

風防は大きく分けて

プラスチック

ミネラルガラス

サファイアクリスタル」の3種類になります。

時計の年式や価格帯によって使われる種類が異なる為、真贋にも役立ます。

プラスチック風防

1940~1960年頃に主に使用されていた風防がこのプラスチック風防です。

通称プラ風防と呼ばれています。

特徴は割れにくく、膨らみあるドーム型の風防です。

メリット

◆ 交換が必要でも1万円以下で交換出来る

◆ 小さな傷は研磨でとることが出来る

◆ 視認性が抜群

◆ ヴィンテージ感が出た味のあるシルエットになる

デメリット

◆ 傷が入りやすい

◆ 欠けやすい

◆ 高級感は少ない

ミネラルガラス風防

一般的には新品定価が5万円以下のモデルはこのミネラルガラスが使われる事が多いのが特徴です。

メリット

◆ 交換が必要でも1万円以下で交換出来る

◆ 小さな傷は研磨でとることが出来る

◆ プラスチック風防よりは硬度が高い

デメリット

◆ 傷が入りやすい

◆ 欠けやすい

◆ 高級感は少ない

サファイアクリスタル風防

高級時計に最も使用されていて、傷などもつきにくく高価な素材です。

一度、傷がつくと傷を消す事は出来ませんので交換は可能ですが高額です。

メリット

◆ 硬度が高く傷がつかない

◆現代的で高級感あるシルエット

デメリット

◆ 風防代が非常に高額

◆ 加工がしにくい

◆ 研磨する事が出来ない

見分け方については爪でトントン叩いて下さい。

プラスチック風防ですと非常に軽いカツカツといった音が鳴ります。

サファイアクリスタルですとズッシリとした感触で固いガラスを叩いた感じと触っていただくと分かると思いますが冷たいです。

あともう一つ、ダイヤモンドセレクターによる判別方法もできます。

ダイヤモンド程では無いですがサファイアクリスタルも熱伝導率が高いので反応します。
逆にプラスチック風防は一切反応しません。

最近人気の復刻モデルなどは加工技術の発達でアンティーク感の演出の為ドーム形風防が採用されています。

風防の情報も駆使して真贋や査定に利用して下さい。