希少な外縫いモデル バーキン・セリエはどんなシーンに合う?

2019年にバーキンに外縫いモデルが誕生したのですが、まだまだ流通量が少なく、お目にかかることが少ないお品です。

下の画像は左が外縫いになっています。

全体のフォルムが直線的なのが特徴ですね。

底面も角が際立っているというか、ほぼ直角に近くなっています。

内縫いの柔らかい雰囲気とはまた違っていて、そこがまたいいと評判ですね。

当店でもバーキン セリエについてのお問合せは、多数いただいております。

従来のバーキンは内縫いですが、また違った雰囲気とフォルムを持つお品です。

外縫いとは、バッグの正面・背面・側面・底の四方向を外側から縫い合わせている縫製方法を言います。

エルメスならではの完璧な仕事が際立つ、精緻なステッチが特徴的。

印象としてはフォーマルになりますが、ケリーに比べるともう少し普段使いしやすい形になっています。

バーキン セリエは2019年に登場したばかりなので、まだ流通量が少なく、希少価値が高くなっています。

定価で、直営店から購入するのはほぼ無理です。

ただでさえ手に入れにくいバーキンなので、外縫いはまだ見たことがない、という方も多いのではないでしょうか。

長年バーキンを見てきた人間にとっては、ちょっと違和感のあるお品でした。

外縫いはもともとはケリーバッグに用いられていた縫製技法ですから、どうも馴染まない気がしたんですよね。

今となっては見慣れましたが…縫い目が内か外かでずいぶん印象が変わってくるものです。

どちらかというとカッチリとした、硬めの印象となっています。

ビジネスシーンやフォーマルなら、内縫いの丸さが際立つフォルムより、外縫いのバーキンの方がピッタリですね。