ダイヤモンドが本物か偽物かを見分ける方法

石がダイヤモンドであるかどうかをテストする最もシンプルで効果的な方法は、ダイヤモンドテスターを購入することです。身もふたもないお話ですが、手ごろな価格でも高性能なテスターが増えていますよ。物足りなくなったら、より精密な識別ができる宝石鑑定士向けの高価なテスターを検討するとよいでしょう。

ダイヤモンドと模造石の見分け方

ダイヤの査定

ダイヤモンドの構造や成分を知らないと、キュービックジルコニアやモアッサナイトのようなまったく別の石なのに、ダイヤモンドだと思い込んでしまうことがあります。

そのため、偽物のダイヤモンドの見分け方を知っておくことが必要です。

弊社の鑑定士は、ダイヤモンドが本物か偽物かを確認するための適切な経験と機器を用意して、買取に臨んでいます。

ダイヤモンドが本物か偽物かを見分ける方法は以下のとおりです。

水を使ったテスト

ダイヤモンドが本物かどうかを確かめるには、この簡単なテストをご利用ください。

普通の大きさのグラスに、水を3/4ほど入れます。

ダイヤモンドのルースをグラスの中に慎重に落とします。

宝石が沈めば、本物のダイヤモンドである可能性が高く、水面に浮かんでいればそれは偽物のダイヤモンドです。

本物のダイヤモンドは密度が高いので、お持ちの宝石がその密度に合っているかどうかを水試験で確認します。

結露を使ったテスト

ダイヤモンドやリングを2本の指で挟み、息を吹きかけてみます。

息に含まれる水分と熱により、ダイヤモンドに薄い結露が発生します。

結露がすぐに消えれば、そのダイヤモンドは本物です。結露が消えるまでに数秒かかる場合は、偽物のダイヤモンドである可能性が高いです。

ダイヤモンドは効果的に熱を伝導するため、熱を素早く拡散させることができます。

セッティングと地金の確認

ダイヤモンド ジュエリー

ダイヤモンドがすでにリングにセットされている場合、どのようなセッティングやマウントが使われているかを確認します。

ダイヤモンドは価格が高いため、本物のダイヤモンドは高品質のジュエリーにしかセットされません。

例えば、本物のダイヤモンドは、ホワイトゴールド、プラチナ、イエローゴールドなどの貴金属素材にセットされます。

セッティングが本当に説明通りかどうかを確認するには、リングの中心部の内側にマークがあるかどうかを確認します。

例えば、10K、14K、18Kという表記は、使用されているゴールドの種類を示しています。

例えば、10K、14K、18Kという表記は、使用されている金の種類を示しています。

585、770、900、950などの数字があれば、それもプラチナかゴールドかを示しています。

「C.Z.」の刻印がある場合は、本物のダイヤモンドではなく、キュービックジルコニアであることを示しています。

顕微鏡で見る

ダイヤモンド インクルージョン

宝石商や宝石鑑定士は、1200倍のパワーマイクロスコープを使って、ダイヤモンドを詳細に観察します。

この倍率であれば、モワサナイトに比べて本物のダイヤモンドには内包物や小さな違いがあることがわかります。

宝石のサイズが大きいにも関わらず、インクルージョンが全くないものは警戒した方が良いでしょう。

石を熱して、粉々にならないか確認

ダイヤモンドは非常に強い素材でできているため、高熱には反応しません。

試しに、グラスに冷たい水を入れてみましょう。

耐火性の手袋を使って石を持ちます。

石をライターで約40秒加熱した後、冷たい水の中に直接落とします。

石が粉々になるようであれば、それは弱い成分でできており、本物のダイヤモンドではありません。

本物のダイヤモンドには反応がありません。

この方法では、石の品質と強度が試されます。

熱で素早く膨張・収縮するため、ガラスやキュービックジルコニウムのような弱い素材は、ひび割れて壊れてしまいます。

料理に使う耐熱ガラスのお皿を思い浮かべてみてください。

熱したオーブンから取り出してすぐに洗おうとすると、温度変化の衝撃で皿が粉々になってしまうかもしれません。

ダイヤモンドは地球上で最も強い素材のひとつですから、こういった急激な熱の変化にも耐えられます。

熱はすぐに分散され、ダイヤモンドは温度変化の影響を受けません。

UVライトを使ったテスト

ダイヤモンドを別の方法でテストするには、UVライトの下に置いて反応を見てみましょう。

ほとんどのダイヤモンドは青い色の輝きを放ちますが、すべてのダイヤモンドがそうであるとは限りません。

ダイヤモンドの中には、UVライトでは光らないものもあります。

このため、石が光らなくても、その結果が必ずしも偽物のダイヤモンドであるとは限りません。

このテストは決定的なものではないので、ダイヤモンドの専門家や宝石商に、高度な機器を使って石をテストしてもらうのが一番良いでしょう。

屈折率を利用したダイヤモンド検査

ダイヤモンドが輝くのは、光を曲げたり屈折させたりする能力を持っているからです。

光がパビリオン(ダイヤモンドの下半分にある角度のついた面)に当たると、跳ね返されて屈折し、ダイヤモンドのテーブル(上側の平らな面)を通って肉眼で見えるようになります。

これがうまくいって、ダイヤモンドが燦然と輝いている状態をブリリアンスといいます。

ダイヤモンドではない石、例えばキュービックジルコニアなどは、光の屈折率が低いため、輝きが弱くなります。

ダイヤモンドではない石、たとえばキュービックジルコニアなどは、光の屈折率が低く、輝きはあっても小さくなります。

ダイヤモンドの屈折率を調べるには、次のようなテストを行います。

新聞紙を使ったテスト

ダイヤモンドの屈折率を調べるには、文字の多い場所で、新聞紙の上にダイヤモンドを平らな面を下にしてそっと置きます。

照明が明るく、ダイヤモンドに物や人の影がかかっていないことを確認してください。

新聞の文字が多少ぼやけていても読めれば、そのダイヤモンドは偽物です。

ダイヤモンドが本物であれば、そのファセットは光を一直線にではなく、さまざまな方向に屈折させます。

この光の屈折のために、ダイヤモンドをはっきりと見通すことができず、紙の上の文字を確認することができないのです。

新聞紙テストは、ルース状態のダイヤモンドに最も効果的に使用されます。

すでにセッティングされているダイヤモンドの場合は、結露テストを試してみてください。

点を描いた紙でのテスト

新聞紙がない場合は、ドットテストが有効です。

平らな面に白い紙を置き、ペンで小さな点を描きます。

ダイヤモンドの平らな面を下にして、点の上に置き、先の尖った部分から、紙の上を見下ろします。

宝石の内側に円形の反射が見えれば、その石は偽物です。

ドットや石の中の反射が見えなければ、そのダイヤモンドは本物です。

本物のダイヤモンドには強力な屈折性があるため、光は直線ではなくさまざまな方向に跳ね返ります。

天然の本物のダイヤモンドを通して、文字やドットが見えないのはこのためです。

自宅でダイヤモンドの反射率を調べる

屈折率に加えて、反射率でもダイヤモンドを検査することができます。

屈折率が光の跳ね返る方向に関係するのに対し、反射率は石から反射される光の量と質を意味します。

反射率には、ダイヤモンドのテーブルから放たれるブリリアンス(白色光の輝き)とファイヤー(色光)の両方が含まれます。

反射率の検査には、スパークルテストを用います。

スパークルテスト

スパークルテストには、目以外の道具は必要ありません。

通常のランプの下にダイヤモンドを置きます。

光がダイヤモンドにどのように反射するかを観察します。

白い光がダイヤモンドに跳ね返って、明るい輝きを放っているのがわかりますか?

また、カラフルな光の反射も見られますか?

本物のダイヤモンドは、白い光を非常によく反射し、非常に優れた輝きを放ちます。

また、ダイヤモンドは色のついた光(ファイヤー)も見事に反射します。

本物のダイヤモンドとキュービックジルコニアのような偽物のダイヤモンドを比較すると、本物のダイヤモンドが放つ白色光や色光の輝きに、劇的な違いがあることがわかります。

本物のダイヤモンドを見分ける専門家の技

ダイヤモンドが本物かどうかを見分けるには、さまざまなテストを行うことができます。

ただし、最終的にはプロのダイヤモンド専門家にサポートしてもらうことをお勧めします。

プロの宝石鑑定士であれば、ダイヤモンドが本物かどうかを明確に判断することができます。

ダイヤモンドが本物かどうかを判断するには、いくつかの実証済みの方法やツールが用いられますので、ダイヤモンドの専門家に石を持ち込むと安心です。

ルーペによるダイヤモンドの検査

ルーペと宝石

ダイヤモンドの専門家は、ダイヤモンドや宝石、ジュエリーに使用する特殊な拡大鏡、ルーペを持っています。

このルーペを使って、ダイヤモンドの傷や欠陥を探していきます。

偽物のダイヤモンドは完璧な構造をしていますが、ダイヤモンドにはインクルージョンと呼ばれる小さな欠陥があります。

熱伝導率プローブ(通称:ダイヤモンドテスター)の使用

宝石鑑定士はルーペに加えて、熱伝導率プローブやメーターを持っています。

彼らは宝石の熱伝導率を決定するためにこのツールを使用します。

ダイヤモンドは効果的な熱伝導体であるため、温められたダイヤモンドは急速に熱を放出します。

熱伝導率が低ければ、そのダイヤモンドは本物ではありません。

なお、合成されたモワサナイトは、本物のダイヤモンドと同等の熱分散性を持つことが多いため、モワサナイトではこのテストは決定的ではありません。

ダイヤモンドテスターはたくさんありますので、お好きなものをお選びください。

本物のダイヤモンドをハイプロファイル計量でテストする

宝石商や宝石鑑定士は、通常、重量のわずかな違いを測定するための非常に細かい調整が施された秤を持っています。

本物のダイヤモンドの重さは、キュービックジルコニアのような偽物の石よりも低くなりますが、カラットを測るための特別なスケールでなければ、このような微細な違いを検出することはできません。

テストを行うには、形や大きさがほぼ同じである偽物のダイヤモンドを選びます。

電気伝導率で偽物のダイヤモンドを見分ける

偽物のダイヤモンドを見分けるには、宝石商や宝石鑑定士が行う電気伝導率のテストを行うこともできます。

ダイヤモンドは、難しい合成石のモアサナイトを含め、他の石よりも電気をよく通します。

電気テスターを使えば、その石が本物なのか、研究室で作られたものなのかを明確に示すことができます。

モアサナイトやキュービックジルコニアのような他の石は電気を通さないのに、ダイヤモンドは電気を通します。

合成のモアサナイトが市場に出回るようになってきたため、宝石店のツールを使って本物かどうかを調べることが重要です。

これらのツールは、ダイヤモンドが本物であるか偽物であるかをほぼ即座に判断することができます。

X線検査

ダイヤモンドの内部、分子レベルでの品質を確認するには、専門のダイヤモンド鑑定所に検査を依頼します。

X線検査装置では、石の分子構造が放射線透過性か放射線不透過性かを見分けることができます。

ダイヤモンドは放射性物質ですが、キュービックジルコニウムや水晶のような偽物は、より放射性物質の特徴を持っています。

スクラッチテスト

よく聞かれる質問があります。

「スクラッチテストは、ダイヤモンドが本物であることを確認するために信頼できるものですか?」というものです。

スクラッチテストは、かつて広く行われていた、宝石の鉱物の硬さを判定することを目的とした手法です。

このテストでは、ルース(裸石)を鏡に沿って擦り、鏡や石に傷がつくかどうかを確認しました。

ダイヤモンドは非常に強い素材で形成されていますが、キュービックジルコニアやモワッサナイトなどの偽物もかなりの耐久性があり、傷がつきにくい性質を持っています。

このような理由から、スクラッチテストは正確ではありません。

熱伝導率テストなどの他のテストを利用するか、プロ用のルーペツールでダイヤモンドを検査する方が良いでしょう。

最近では、他の宝石の人気が高まっています。

ここでは、肉眼では本物のダイヤモンドに似ているように見える石を見分ける方法をご紹介します。

合成ダイヤモンドの見分け方

合成ダイヤモンドの普及が進む中、実験室で作られたダイヤモンドと天然ダイヤモンドの見分け方を知っておくことが大切です。

合成ダイヤモンドは、本物の天然ダイヤモンドと化学的・分子的成分が似ています。

内部の品質が複雑に絡み合っているため、ダイヤモンドを専門家に見てもらうことをお勧めします。

専門家は、導電性テストを行い、高倍率でダイヤモンドを見ることができます。

合成ダイヤモンドが天然ダイヤモンドとどう違うのか、肉眼ではわからない場合でも価値を高めるためには重要です。

キュービックジルコニアの見分け方

合成ダイヤ

キュービックジルコニアは、偽物のダイヤモンドの中でも真贋を見極めやすいもののひとつです。

例えば、スパークルテストを使えば、石が放つスパークルやファイヤーの量を比較的簡単に測ることができます。

また、キュービックジルコニアはオレンジ色の光を反射します。

本物のダイヤモンドよりも重く、一般的には欠陥や内包物がありません。

本物のダイヤモンドには、肉眼やダイヤモンド専門家の顕微鏡で見ることができるインクルージョンがあります。

ホワイトサファイアの見分け方

サファイアには、一般的にブルーのほか、肉眼では透明に見えるホワイトなど、さまざまな色があります。

ホワイトサファイアはよくダイヤモンドのように装われますが、ダイヤモンドの特徴である輝きや、暗い部分と明るい部分のコントラストはありません。

明暗がはっきりせず、色がぼやけているように見える場合は、ホワイトサファイアの可能性が高いといえます。

モアサナイトの見分け方

フェイクダイヤモンドとして有名なものといえば、合成モアサナイトでしょう。

この2つの区別は通常、肉眼では難しく、ダイヤモンドの専門家の知識が必要です。

電気伝導度テストで、その宝石がモアサナイトか本物のダイヤモンドかがわかります。

なお、モアサナイトの熱伝導率はダイヤモンドとほぼ同じなので、熱伝導率テストはモアサナイトを見分ける有効な手法ではありません。

ホワイトトパーズの見分け方

ホワイトトパーズは、一見するとダイヤモンドのように見えますが、いくつかの特徴があり、本物のダイヤモンドとは異なります。

外側はダイヤモンドよりも軟らかく、他の素材では傷がつきやすい。

また、ホワイトトパーズを拡大してよく見ると、表面に傷があるかどうかがわかります。

ダイヤモンドは耐久性のある組成なので、傷がつくことはありません。

見分け方のまとめ

水を使ったテストや熱伝導率テストなど、このページで紹介したテストの多くは、ダイヤモンドが本物かどうかを判断するのに役立ちます。

しかし、合成宝石の素材は数が多く複雑であるため、ダイヤモンドの専門家や宝石商に相談して、すでにご自宅にあるジュエリーを見直すことをお勧めします。

これらの専門家は、偽物のダイヤモンドを見分ける方法を知るための訓練を受けています。

弊社でも、道具の扱い方や見分けるポイントをセミナー形式でお伝えしています。

無料でも開催しているので、お気軽にご相談ください。

真贋鑑定セミナー

詳細・申し込み方法についてはこちら