ルイ・ヴィトンのロゴは製造番号が分かれているものが基本!ですが…

最近は、オールドヴィトンがリバイバル人気で買取が増えてきてます。こちらは、どちらも古いサンクルーです。

LOUIS VUITTONのロゴと製造番号が分かれているものが基本ですが、古いものは例外なのです。

「LOUIS VUITTON」のロゴの下のMADE IN FRANCEが離れている刻印も存在するんです。

このように、ひとつの特徴だけで偽物・正規品を見分けようとすると思わぬ落とし穴に引っかかってしまいます。

まずは正規品をたくさん見て、正規品への理解を深めること。

そうすれば、偽物を見かけたときに違和感を感じるようになります。

この違和感というのが大事です。

あれ?と思うバッグや財布があったら、細かい場所も見ていきましょう。

どういった部分を見ていくかわからない、本物のブランド製品をたくさん見たい、という方は真贋セミナーをおススメしています。

真贋だけでなく、相場も勉強できますよ!

真贋鑑定セミナー

ブランド品の見分け方や買取価格の付け方を無料で学ぶことができる、真贋鑑定セミナーを開催中です。

詳細・申し込み方法についてはこちら