ダイヤモンドの本物・偽物を見分ける方法

ダイヤモンドの見分け方には様々な方法があります。こちらでは業界でよく用いられている方法についてご紹介します。

ダイヤモンドの鑑定書

ダイヤモンド

ダイヤモンドを購入する際には、GIA、IGI、AGSなど、専門機関に所属する独立した鑑定士による適切な鑑定書を求めることが大切です。

GIA、IGI、AGSなど、専門機関に所属する多くの独立した鑑定人が認定しており、ダイヤモンドの真偽を判断する上で最適な情報源となっています。

偽物と本物のダイヤモンド

ダイヤモンドとCZ(キュービックジルコニア)、または市場に出回っているその他の模造品を識別するには、多くの実用的な方法があります。

肉眼では識別できない合成ダイヤモンドも多く出回っています。そのため、同じものを提供することが認定されている様々な研究所の証明書にアクセスする必要があります。

インド市場では、GIA-アメリカ宝石学会、IGA-国際宝石学会、HRD-ホーゲ・ラード・フォア・ディアマントがよく同じものを求められます。

本物のダイヤモンドを見分けるために、専門家は以下のようなテストを行っています。

スクラッチテスト

ダイヤモンドの純度を調べる最も簡単な方法はスクラッチテストである、とよく言われます。

ダイヤモンドに傷がつくことはありませんが、キュービックジルコニアには簡単に傷がつきます。

そのため、キュービックジルコニアをピンセットで引っ掻くと傷がつきますが、ダイヤモンドには傷ひとつつきません。

ラインテスト

もう一つのポピュラーなテストは、「ラインテスト」と呼ばれるものです。

ダイヤモンドには単一屈折性という技術的特性があります。

つまり、光がダイヤモンドを通過すると常に単一の光のままですが、同じ光をキュービックジルコニアに通すと分裂してしまうのです。

ラインテストでは、紙に描かれた一本の黒い線の上に石を置きます。

ダイヤモンドが本物か偽物かを確認するのに最適な方法です。

光の分散テスト

ダイヤモンド

Dispersion of Light(光の分散)テストでは、キュービックジルコニアはダイヤモンドよりも光を分散させる傾向があります。

専門用語で言うと、ダイヤモンドは0.44nm、キュービックジルコニアは0.59~0.65nmの光を分散させるので、ダイヤモンドよりも30~40%近く高い値を示します。

輝きすぎている石を見つけるのは簡単です。

つまり、光を分散させすぎていて、多くの色のスペクトルを見せている石は、キュービックジルコニアである可能性があります。