ジルコンの多彩な種類について

ジルコンは地球で最古の宝石とされています。

オーストラリアで発掘されたジルコンは44億年前にできたもので地球ができたのが46億年前なので、その歴史と同じくらいの古さがあるという事がわかります。

ジルコンは純度の高いものは無色透明ですが、不純物の種類によってさまざまな色があり、オレンジ、バイオレット、グリーン、レッド、ブルー、イエロー、ブラウンなど種類が豊富で、その中でも人気が高い色のひとつはゴールデンブラウンです。

そして、輝きの美しいものほど品質が高いと言われ、産地としては、オーストラリアを含むアジア一帯に多く、特にインドやスリランカで採れたものが良質とされています。

また、ジルコンは、ダイヤモンドやキュービックジルコニア(人口宝石)と混同される事があり、ジルコンは天然石ではなく合成石であるとか、ジルコンとキュービックジルコニアは同じ物と勘違いされる事も多い宝石ですが、ジルコンはれっきとした天然石です。

原因はおそらく、上記のような事から以前の使われ方や、名称が似ている事、そしてジルコンの知名度が低い事などが影響して間違われる場合があると思います。

色合いはさまざまな物があり、高い屈折率とファイアーを持つ色彩に富んだ宝石で価格もリーズナブルな物が多く、色石を楽しむにはとても良いかもしれません。

参考になれば幸いです。