エルメス ダイヤモンド ヒマラヤ バーキン25 世界で最も高価なハンドバッグに

エルメスのバッグが、最も高価なハンドバッグの世界記録を更新しました。

エルメスのバーキンは、1980年代半ばに初めて発売され、イギリスの俳優で歌手のジェーン・バーキンにちなんで名付けられた同社の最も認知度の高いデザインのひとつ。

その中でも非常に希少な「エルメス ダイヤモンド ヒマラヤ バーキン25」は、アフリカで発見されたニロティカス(直訳するとナイル川のワニ)、つまりワニの皮で作られており、18Kホワイトゴールドとダイヤモンドの金具で覆われています。

このバーキンはフランスの高級ファッションメゾンの2016年モデルで、ロンドンのクリスティーズが水曜日のオンラインセールで競売にかけた際には、注目の的となっていまいた。

エルメスのダイヤモンド ヒマラヤ バーキンがオンラインオークションに出品された最初のものであり、アメリカで販売されたハンドバッグの価格記録を更新。

同時に、オンラインオークションでのハンドバッグの最高価格を達成しました。

バイヤーは匿名のままですが、世界29カ国からの多数の入札者のうちの1人で、そのうち34%が初めての入札者だったといいます。

他にも、15万ドル(114,000ポンド)で落札された珍しいマットホワイトのエルメス ヒマラヤ バーキン30

5万6,250ドル(4万2,000ポンド)で落札されたエルメス ミニピクニック ケリー20 II

20万ドル(15万3,000ポンド)で落札された限定版のエルメス ブルー マリン フォーブール バーキン20などが出品されています。

アーティストとのコラボレーション、シャネルのランウェイアクセサリー、ルイ・ヴィトンのヴァージル・アブローがデザインした限定版の作品に入札が集中したといえます。

このオンラインオークションでは、合計で2,266,750ドル(約2.4億円)の収益を上げており、クリスティーズのオンライン ハンドバッグのセール価格としては最高額となっています。