ダイヤモンド供給量の減少の影響で研磨済みのダイヤ価格が上昇しています

ダイヤモンドの研磨需要の減少と製造業の縮小を余儀なくされたため、荒買いが急減しました。

研磨済みのダイヤ価格上昇

ダイヤモンド

デビアス社とアルロサ社が、顧客に契約供給を拒否することを決定したことで、流動性の懸念が緩和され、研磨済みのダイヤモンド在庫の蓄積を防ぐことができた状態です。

メーカーの利益率はパンデミック前よりも改善しています。

厳選された製品の研磨済みダイヤの価格が上昇し、研磨業者は需要に見合った粗材を購入できるようになりました。

ただし、ディーラーの活動は、オンライン上でのプラットフォームに限定されています。

宝石商は大量の在庫ではなく、特定の商品の注文で凌いでいる状況です。

ダイヤに限った話ではありませんが、税関に関連した出荷の遅れの原因となっているため、取引はよりローカルなものとなっています。

このため、一部のサプライヤーは、在庫不足を理由に高価格を維持できています。

磨き上げられたダイヤのレベル自体は低下しているものの、鉱業会社は販売できなかった原石を大量に保有し続けているわけです。

供給連鎖全体で戦略再考が必要

市場の低迷により、サプライチェーン全体の企業は長期的な戦略の再考を余儀なくされています。

多くの企業は、効率を改善するために技術的なツールを採用しはじめ、鉱業会社は、消費者の需要に合わせて粗製品の供給をカスタマイズする必要がある、と考えています。

小売業者は、消費者が欲しいダイヤモンドを選ぶことができるように、サプライヤーの在庫をデジタル化してほしいとの要望が増加中。

市場環境は依然として厳しい状況にありますが、ダイヤモンド業界には、サプライチェーンを通じて在庫がより効率的に流れるようにする技術革新を実施する必要に迫られています。

その結果、より収益性の高い取引が可能になるはずなんです。

また、過去10年間に研磨価格を圧迫してきた、不要なダイヤモンドを大量に保有することを余儀なくされている製造業者の負担も軽減されるはずです。