金価格が急騰している5つの理由

金は今週初めて1オンス2,000ドルを超え、アナリストの予想を吹き飛ばす爆発的な成長を遂げました。

金価格

金相場の上昇

貴金属は水曜日に1トロイオンス(約31グラム)2,052ドルで取引を終了しました。

これは2018年秋に動きが出始めて以来72%の急上昇で、現在までの1年間で約35%の上昇です。

投資家が逃避させた資金により、金はパンデミックの間に新たなステージに達しました。

2月、ゴールドマン・サックスは、パンデミックが悪化すれば1,800ドル以上に押し上げるだろうと予測していました。

先週、金は1オンスあたり1,981ドルに達し、2011年に記録した1,921ドルを突破しました。

アナリストは、経済の不確実性や他の金融市場のボラティリティが高い時期には、経済の見通しを得るために、金や銀などの投資商品の値動きを注視しています。

米国が深刻な不況に陥り、多くの米国人が失業し、コロナウイルスの感染、入院数が急増している今、投資家は価値が安定する具体的な投資商品を求めています。

発表されたデータによると、米国経済は4月から6月にかけて9.5%という驚異的な規模で縮小し、近代的な記録では最速の四半期落ち込みを記録しました。

景気回復の努力が頓挫し、国が広範なシャットダウンや他のコロナウイルスのパンデミック対策に戻った場合には、景気後退の恐れがあります。

このような状況の中、なぜ金の価格は上昇しているのでしょうか。

それには5つの理由があります。

1.安全資産

金の需要は通常、世界的な危機や経済の不確実性の高い時に急増します。

今年初めのように株式市場が暴落した場合は特に、です。

3月には、米国でコロナウイルスのパンデミックが激化したため、金地金価格は7年ぶりの高値を記録しました。

これは金融システム、特に中央銀行家の経済的打撃を乗り切る能力に対する不安を反映しているものです。

2.抜群の安定感

金は一般的に、インフレや一般的な不確実性から絶縁された存在です。

貴金属は長期的には比較的安定しており、外部要因や他の通貨によって価値が下落することはありません。

3.ドル安の影響

ドルが下落し、その価値が弱まったことで、米国外の投資家にとっては魅力的な投資商品となっています。

ドル以外の通貨では金が割安になっているとも言えます。

投資家の金への関心を測る指標として、ドルと金利のスライドとの関連性はよく確認した方が良いでしょう。

4.低利回り

3月以降、連邦準備制度理事会は、金融市場を安定させ、経済を支えるための借入コストを可能な限り低くするために、金利をゼロに近づけてきた。

また、何千億ドルもの債券を購入することを決定。

これにより利回りが低下し、金とその利回りの低さが投資家にとってより魅力的なものとなったわけです。

5.メディアの報道

金価格が上昇すればするほど、アナリストや投資家が金価格について語り、金融メディアが金価格について報道することが多くなります。

一般的に、金価格の上昇は投資家の関心の高まりを意味し、アナリストの中には金価格がさらに上昇すると予想している人もいます。

マーケット・ウォッチャーは、早ければ来週、あるいは年末まで2500ドルに達するのではないか、と考えています。

2500ドルは現在のドル円相場で263,978.75 円

31.1034768グラムで割ると、日本円で1グラム8487円です。

現在、7600円まで上昇していることを考慮すると、あり得る数字かもしれません。