【画像あり】ロレックスのグレードアップによる価格の違いについて

例えば同じモデルでも下記の要素により定価の価格が大きく変わります。
今回はその違いの紹介です。

素材のグレードアップ

SS(ステンレス)を基本にしてWG(ホワイトゴールド)なら約10~20万円アップ
PG、YG(ピンク・イエローゴールド)なら男性用であれば、基本より約40~50万円アップ
ゴールド無垢なら男性用であれば、基本より約200~250万円アップ
となります。

文字盤インデックスのグレードアップ

ダイア無しを基本に6時位置ダイヤモンド(「VI」ダイヤ)で基本より約15万円アップ
10ポイントダイヤモンド(Gダイヤ)で基本より約20万円アップ
8ポイント+2バゲットダイヤモンド(Aダイヤ)で基本より約40~60万円アップ
となります。

ブレスレット形状のグレードアップ

オイスターブレスレットを基本にしてジュビリーブレスレットは基本より約2万円アップ
となります。

日付の有無

ノンデイト(日付なし)を基本にしてデイト(日付あり)は基本より約10万円アップ
となります。

文字盤のグレードアップ

白文字盤を基本にしてシェル文字盤(貝)基本より約15~25万円アップ
メテオライト(隕石)基本より約15~40万円アップ
となります。

ベゼルのグレードアップ

ドット状のダイヤモンドが付くと約20万円アップ
ベゼル全体にダイヤモンドが付くと約100~200万円アップ
となります。

以上が代表的なグレードアップですが、それら以外にも新型ムーブメント(3100系から3200系)なら約5万円アップする傾向にあります。