新品チューダー並行価格動向|全体的に値下がりの傾向、限定品は高止まりに

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、緊急事態宣言が7都市に発令されました。

消費税増税から下火になっていた景気マインドをさらに冷やしています。

これはもう世界恐慌の一歩手前なのかもしれませんね。

如何せん、ウィルスに対する治療法が未だ確立されていない中、いつになれば収束するのか、誰も明言することはできない状況です。

思い出すのがリーマンショックで世界的な混乱が腕時計にも大きなダメージを与えました。

がしかし、時計の価格が下がっているということから、余裕のある方にとっては絶好の買市場になります。

チューダー価格動向ですが、暴落とは行かないまでも値下がり傾向のようです。

価格を値下げをすると売れるという感じを受けました。

ブラックベイクロノダークは限定ですので数もなく高値止まりですが、その他のプレ値モデルやブラックベイシリーズは軒並み値下がりです。

まだまだ下がるのでしょうか?