新品チューダー2月の並行価格動向|現状維持、安価なモデルは売上増

全体的に現状維持でしょうか。

消費税導入のうえ、新型コロナでピタッと止まったような印象ですね。
ブラックベイクロノダークを筆頭に一部のモデルのみ、プレ価格を維持している感じです。

安い在庫は売れているようですが、プレモデルも動きが無い状況で先行き不安は否めません。

そして話題の若者をターゲットにしたスマートウォッチが世界一の売上になったと報じられています。

ローエンドモデルには圧勝との事のようですが、ライフスタイルのさまざまな側面をカヴァーするうえでは、ハイエンドのスイス時計メーカーとの二極化になるのでしょうか?
気になる所です。