チューダー12月の並行価格動向|数量限定のブラックベイクロノダークは+50%の値上がり

今年もあと1週間を残すところとなりました。

10月に消費税が増税されてから景況が悪化し続けているようです。

とにかく売れないと、言った声を聞きます。

2019年の倒産件数は11月末までに7646件発生し、前年同期比を2.8%上回ているようです。

リーマン・ショック翌年の2009年に中小企業の連鎖倒産防止を目的に中小企業金融円滑化法が施行されたことで、以後、2016年までは7年間連続で倒産件数が減少し続けた。

しかし、その効果も一巡し、2017年には倒産件数が前年比で増加。

2018年は前年比で減少したものの、今年は再び増加に転じる動きを見せている。

倒産件数は「底打ち」または「増加に転じる」時期に入ったと言えるのでしょうか?

2019年度の東証第一部上場企業冬ボーナス平均支給額が発表され、対前年同期比で0.1%減という結果でしたが(労務行政研究所)。

余裕のある方がどんどん消費して頂きたいなと思います。

価格動向ですが、全体的に現状維持か値下がりです。

ただ噂のP01が少し前から国内でも流通し始めて、ここにきてやっと価格が掲載されました。

やっぱりプレミア価格のスタートですね。

やはり価格を押し上げたのが、ブラックベイクロノダークです。
+50%の値上がりとなっています。

数量限定モデルですので、まず流通量が少ないんです。

私も大阪のTUDORに足繁く通っていますが、プレミア個体は手に入りそうに無いですね。

参考になれば幸いです。