色石、カラーストーンの大まかな分類方法について

大まかな分類方法

天然石でもカラーストーン、色石というのは、大きく分けると

1、ビーズタイプ・パワーストーンタイプ
2、ファッションタイプ
3、貴石タイプ
4、レアストーンタイプ・コレクションタイプ
に分かれます。

名前の表記は別として、若干の違いはあれど大体の宝石屋さんがこの分類の仕方していただけるのではないかと思います。

1.ビーズタイプ・パワーストーンタイプ

ビーズのアクセサリー等に多いもので内包物があったり欠けが大きくあったりしてジュエリーになれなかった石です。
お手ごろな価格の、天然石なので飾ったりパワーストーンとして使ったり、色々用途があります。
価格帯:100円~10000円程度

2.ファッションタイプ

内包物などはそこまでなく、ある程度綺麗なカラーストーンですが、希少さは無い為、ほぼ同じ品質のジュエリー揃えることができるのでファッションジュエリーとして使われます。
日本ブランドの4℃などはここのラインのカラーストーンが多いです。
価格帯:3万円~10万円以内

3.貴石タイプ

通常ここを思い浮かべる方が一番多いのではないかと思います。
デパートの平場ではなく宝飾売場にあるタイプです。

1石ずつの販売で、同じものをもう一個、ということはないのが特徴で大体が鑑定書が付いています。
本来は希少性が高いため、お値段も高く、資産価値があるタイプのものですが、最近はリサイクルジュエリーが多くなり、お安い価格で売られていることもありますので、買取る際は相場をよく確認して下さい。
価格帯:10万円~ウン千万円、ウン億円まで

4.レアストーンタイプ、コレクションタイプ

このカラーストーンは、比較的有名なものから、全く聞いたことがない名前のこともあり、名前を知らないことが多いタイプです。

殆どがコレクターアイテム向けであることが多く、結構ジュエリーとして使われず、ルースのまま飾られていたりすることもあります。
価格帯:100円~ウン千万円まで幅広い