アクアマリンとそっくりなブルートパーズの識別方法について

ブルートパーズの識別

水晶を加工したとかいうものを抜きにして、100%天然の鉱物でアクアマリンと非常に似ているのは「ブルートパーズ」があります。

見分けがつかないほど見た目がそっくりです。

しかし、見た目が似ていも値段に差がでますので注意が必要です。

市場に出ているアクアマリンの多くは加熱処理やトリートメント処理がされています。

大粒の石が産出しやすく産出量も安定していることで比較的リーズナブルな宝石として親しまれています。

アクアマリンの色は、石が大きくなるほど、より強力になります。

1カラット以下のほとんどの石は、淡い色をしています。

そしてトパーズはカラーバリエーションが多彩ですが特に一般的には黄色のイメージが強いようです。

ブルートパーズは、無色のトパーズを放射線で処理することによって作り出されたものです。

見分け方

合成エメラルドの識別のために使われるチェルシーカラーフィルターというものです。

鑑定のプロはこのフィルターを通して見た時の色味で区別しています。

フィルターは赤色部と黄緑色部のみ透過するように作られています。

アクアマリンに、ペンライトなどで光をあててその色溜りの部分をカラーフィルターで見ると、特有の黄緑色に見えるのがアクアマリンです。

確実な識別は屈折率や拡大検査と併用して総合判断が望ましいです。

価格の目安

アクアマリンの価格

透明度や色味によって幅がありますが1カラット辺りのアクアマリンのルースは2,500~5,000円ほどです。

ブルートパーズの価格

トパーズには天然トパーズである「OH」タイプと、人工的な処理がなされている「F」タイプの2種類があります。

一般的なブルートパーズは「F」タイプに分類され、「OH」タイプに比べると高額がつかないのが実情です。

ブルートパーズでも高額がつくのは数十カラット以上の大きさがある石などに限られます。

ブルートパーズのルースは1カラット辺り1,000円前後での取引が多いです。