ロレックスの10月相場動向|価格改定あり、全体は小規模な値上げ

10月になりました。今年も残すところ3カ月を切ったわけですが、10月1日より消費税が8%から10%に引き上げられ、それに伴いロレックスも価格改定を行いました。

おおよそですが、全体的には消費税分の2%+1~3万円アップという小規模な値上げとなっているようです。

前述の通り、ロレックスの価格改定が行われましたので、正規定価、対定価プレミア率は空欄とします。

また今月も値下がりです。

7月から始まった4カ月連続の暴落?ですが、今月は少し下落率が緩やかであるようです。

一部で2%前後値上がりしていますが、そもそも消費税が2%上がっているので、値上がり率が2%以下は実質値下がりとなります。

それを考慮すると今月も全面的に値下がりと言っていいでしょう。

ですが悲観的になる事はありません。

純粋にロレックスを欲しいと思う人にはむしろ買い時であるといえます。

白デイトナ(116500LN)を例えにしますが、今月の最安値は2018年の11月と同等のあたりまで値下がりしました。

国内消費の冷え込み、消費税アップと日本経済にはいい材料がありません。

オリンピック景気も首都圏を中心とした一部的なものですし、今後のロレックスは値下がり傾向が続くものと思われます。

お買取りの際は十分に気をつけてください。