シャネルの人気バッグ・サイズと型番|マトラッセや定番コレクションの型番、サイズまとめ

クラシックバッグ(マトラッセ)とは?

シャネルのアイコンといえばマトラッセと称されるバッグがすぐ思い浮かぶのではないでしょうか。

マトラッセとは格子柄のステッチのことを呼びますが、フランス語で詰め物をする、綿入れをするという意味があり、日本語で言うと「ふくれ織」とのようです。

シンプルで機能性を重視し、数十年も変わらないスタイルをを確立し、幅広い世代の女性に支持されている一生もののバッグです。

ダブルCを組み合わせたブランドマークに、レザーを編み込んだチェーン、ダブルフラップなどが特徴で180近くにおよぶ工程と、職人による極めて緻密な手仕事を経て完成します。

現在の定番コレクションの型番とサイズ

A35200 ミニフラップバッグ
H17cm×H13.5cm×D7cm
¥346,500(税込)

A69900 ミニフラップバッグ(マトラッセ20)
H20cm×H12cm×D6cm
¥394,900(税込)

A01113 クラシックスモール(マトラッセ23)
H14.5cm×W23cm×D6cm
¥585,200(税込)

A01112 クラシック(マトラッセ25)
H15.5cm×W25.5cm ×D6.5cm
¥660,000(税込)

A58600 クラシックラージ(マトラッセ30)
H019.5cm ×W30cm×D10cm
¥735,900(税込)

A58601 クラシックマキシ(マトラッセ34)
D23cm×W33cm×D10cm
¥798,600(税込)

現在 MADE IN FRANCEは数少ないですがマトラッセ25は今でもフランス製です。

シャネルの製品はフランス、イタリア、スペインで製造されていて最近ではMADE IN FRANCEは減少傾向にあり、MADE IN ITALYやMADE IN SPAINが多くなってきています。

A01113やA01112は今でもフランスの工房で作られていますが、A58600やA58601などのビッグサイズはイタリアの工房で作られているようです。

※ 2000年より前のバッグにはCHANELの文字の下に、MADE IN~の印字はありません。