お釣りの出る商品券と、お釣りが出ない商品券の違いと覚え方のコツ

様々な種類のギフトカード、商品券が出回っていますが、ほとんどはお釣りが出ない商品券です。

覚え方のコツとしては、「クレカ系のギフトカードはお釣りが出ない。」「スーパーや百貨店など流通系の商品券はお釣りが出る」ということです。

おつりが出ない商品券

JCB、VJAなどのクレジットカード系のギフトカードはお釣りが出ないことで有名です。
他社(UC、ニコスなども同様です。)そのほかにも、日本国内には様々な商品券がありますが、ほとんどの商品券はお釣りが出ませんから、お釣りの出る商品券を知っておけば、逆にそれ以外はお釣りが出ないということになります。

お釣りの出る商品券(下記一覧参照)

JTB旅行券は1000円以上のおつりは1000円のJTB旅行券でお釣りが戻ります。

マックカードは、一枚500円なので、事実上一回使い切りのカードです。100円のコーヒーでも残りがすべておつりになります。

ジェフグルメカード、ビール券、おこめ券は、お釣りを出すかどうかが加盟店で判断できることになっているので、お釣りが出ないチェーン店もあります。

スーパーの商品券

流通・小売系(スーパー、デパート)の商品券は、お釣りがでる商品券です。スーパーマーケットの商品券は、比較的金額の小さい食料品や日用品を買うために使われることが多いです。

どこのスーパーの商品券も日常使いに便利に使うための便宜としてお釣りが出るようになっています。

百貨店共通商品券

デパートで使える商品券として有名な「全国百貨店共通商品券」もおつりがでます。(これが、同じく贈答に定番のクレジット系ギフトカードとの大きな違い。)とはいうものの、そもそも百貨店で小額の買い物をすること自体が少ないので、「お釣りが出てうれしい商品券」とも言いづらいのが残念なところです。

お釣りが出るのをいいことに、金券ショップで1000円券を980円で買い、そのままデパ地下で10円の飴を買うと、なんと手元には990円と飴が!というセコイ使い方をする人もいるそうです(笑)。

プリペイド

クオカードのようなプリペイド式カードなら、おつりは出ませんが、残高が0円になるまで繰り返し使え、おつりと同じ効果があります。