ロレックスの保護シールの扱いについて① 保護シールを剥がすことが標準ルールに

保護シールを剥がす?

世界各国のロレックス正規店で「保護シールを剥がすこと」が標準ルールになるようです!

これまでのロレックスの新品はメーカー保護シールが貼られていることが一般的でした。
しかし、今後ロレックスは正規店で販売する際に保護シールを剥がすというルールを世界的に標準化させるようです。
そのため、並行品の新品に関しては保護シールが付いていないのがスタンダードになります。

ロレックスの保護シールについて

ロレックスの各モデルは時計に傷がつかないよう、本国出荷時に保護シールが貼られています。
しかし、正規店でロレックスを購入すると、この保護シールが店頭で剥がされてしまうのです。
キズをつけないための保護シールであるならば、自分で剥がさせて欲しいと思いますが、ロレックスは断固店頭で剥がします。

実はこれには理由があります。
購入時に細かい傷や不具合がないことを一緒に確認するという意味もありますが、実際は「転売防止」という意味あいが強いです。

何故シールを剥がすこととが転売防止になるのか?

ロレックスの正規店でシールを剥がす理由は、リユース市場が大きく関係しています。

ここで重要なのは「保護シールが貼られていることが、新品の基準」となっていることです。
ロレックスを売りたい方は時計店に買取を依頼すると思いますが、その際、保護シール有りと無しでは数万円もの買取差額が生じるのです。

新品ロレックスを転売する理由

ロレックスの転売が盛んな理由。それは人気モデルが定価より高い金額で販売される為です。
デイトナ・サブマリーナ・GMTマスターといったスポーツロレックスの定番人気モデルは定価より並行相場価格が高騰しています。
限定品でもないのに定価より高い並行相場価格になっているのは、ロレックスが意図的に人気モデルの生産を抑え、敢えて品切れ状態にすることでプレミア感を演出しているからです。

人は手に入らないモノやレアなモノを欲する習性があり、ロレックスはそれをうまく利用した戦略を打ち出しています。
その結果、手に入らないからこそ「定価よりも高くても買いたい!」という人たちが溢れ、需要に沿ったプレミア価格で取引が行われるようになるわけです。

転売の抑止力に

現在は「保護シールが貼られていること=新品」という価値観がありますが、裏を返せば保護シールが無ければ中古または未使用と見なすことになります。
正規店で新品を購入して、そのまま買取店で売れば利益となるため、ロレックスの転売は盛んです。
しかし保護シールを剥がしてから渡せば、その時点で転売目的のユーザーは中古・未使用として時計を売るしかなくなるため、転売の抑止力になります。

これが、正規販売店がシールを剥がす理由です。
今後は保護シールを剥がすことが世界的ルールになるようです。
最近、ロレックスは世界各国の正規店において、「シールを剥がすことを標準ルールに定めた」といわれています。
これまでは一部の国ではシールを剥がすルールがなかった為、卸業者が保護シール有の新品を海外で買い付け、国内の並行店に卸すことができました。しかし、世界的に保護シールを剥がすルールが正式化されれば、卸業者はシール有の新品を入手できなくなります。
つまり国内に入荷される新品において「新品=保護シール有」という従来の考え方は当てはまらなくなるのです。