ダイヤモンド業界のブローカー インドと大手鉱山企業の現況

最近の数十年の間に、インドはデビアスやロシアのアルロサなどが採掘されたダイヤモンドの原石を買い入れて、高価な裸石あるいはジュエリーの完成品を製造し、米国、中国をはじめとする全世界に販売しています。

今や、ダイヤモンド業界では欠かせないブローカーとしての位置を確固たるものにしています。

インドの業界の依存度はすでにデビアス、リオ・ティントなどの業界のリーダー企業ですら大きくなっています。

インド経済不安や融資縮小などが輸入と輸出の減少につながり、鉱山企業がダイヤモンド原石の価格を引き下げざるを得ない結果を生んだのです。

最近、モディ首相の突然の決定により、ダイヤモンド業界におけるサプライチェーンの脆弱性が浮き彫りとなった。

鉱山企業はアントワープをはじめとするダイヤモンド貿易センターで開催された販売イベントをキャンセルさせ、南アフリカ、カナダのなどの事業も縮小させています。