GIA 世界の主要な鑑定機関と教育センターを一時的に閉所

ジュエリー

GIA が新型コロナウイルスの影響で、世界の主要な鑑定機関と教育センターを閉所したとウェブサイトを介して明らかにしました。

米国カリフォルニア州カールスバッドにある本社鑑定院が一時的に閉所、ベルギーのアントワープ、南アフリカ共和国ヨハネスブルグ、インドのムンバイ、ニューヨークの鑑定院も閉所しています。

またカールスバッド、バンコク、 香港、ロンドン、ムンバイ、ニューデリーそしてニューヨークの教育センターも閉所。

しかし、イスラエル、東京、ボツワナ、香港はまだサービスが可能になっています。

特にコロナウイルスの感染者が多くない、台湾の台北教育センターは運営が続いている状況です。

GIA は、「世界的にコロナウイルスの患者が急増するにつれて、GIAはサービス時間を短縮し、いくつかの場所を閉鎖するなど、すべての健康と安全を確保するために必要な予防措置を取っている」と語りました。

今後も状況の変化に応じて、新しい調整が行われる見通しです。