アルロサ社 10.8カラットを超える原石のデジタル入札を開始

ロシアの大手ダイヤモンド鉱山を抱えるアルロサ社は新型コラオナウイルスによる移動制限の中でクライアントが購入できるように、10.8カラットを超える特別なサイズの原石のデジタル入札を開催しています。

ダイヤモンド

オークションは3月23日から4月6日まで開催予定。

感染の予防策として、同社は大型ダイヤモンドの次のオークションをキャンセルし、代わりに顧客にデジタル入札への参加を奨励しています。

「デジタル入札は、詳細な分析のために各ダイヤモンド原石の完全なデジタルスキャンを顧客に提供する技術に基づいています」とアルロサは言います。

これにより、バイヤーは包括的なデータに基づいて原石を完全に評価し、情報に基づいた購入決定をリモートで行うことができます。

同社は昨年10月に毎月のデジタル入札を開始し、従来の販売方法に加えて、顧客も同様にそのようなフォーマットに興味を持っていると付け加えています。