クリスタルの種類とその特徴について

クリスタルの種類とその特徴について

◆ 水晶・クリスタルの様々な種類

クリスタル(和名は玻璃-はり)は、二酸化ケイ素 (SiO2) が結晶してでできた鉱物である石英(せきえい/quartz/水晶)の中でも、特に無色透明なものの事です。

◆ 水晶種

多くの方がイメージする水晶で、透明度が高く、結晶の形が肉眼で確認できるものです。

◆ 石英種

透明度は低く、半透明から不透明です。形が肉眼で確認できるかは不問です。

◆ 玉髄(ぎょくずい)種

極微細な結晶が網目状に集まり、緻密に固まって形成された物。

水晶(クリスタル)には、色やその他の条件により非常にたくさんの呼び名があります。

以下はその一部です。

● 水晶の色別にみる種類11個

① ロッククリスタル(白水晶)

② レモンクオーツ

③ シトリン(黄水晶)

④ ミルキークオーツ(乳石英)

⑤ アメジスト(紫水晶)

⑥ アメトリン

⑦ ローズクォーツ(紅水晶)

⑧ タンジェリンクオーツ

⑨ スモーキークォーツ(煙水晶・茶水晶)

⑩ レッドクォーツ(赤水晶)

⑪ モリオン(黒水晶)

● 水晶の形別にみる種類10個

① ポイント(単結晶)

② クラスター(群晶)

③ ファーデン水晶

④ 両錘(ダブルターミネーテッド・ダブルポイント)

⑤ カテドラル水晶

⑥ レーザー型水晶

⑦ エレスチャル水晶(骸骨水晶)

⑧ キャンドルクオーツ

⑨ ハーキマー水晶

⑩ セプタークォーツ(松茸水晶)

● 水晶の内包物別にみる種類8個

① ルチルクォーツ

② ストロベリークオーツ

③ 水晶in水晶

④ クラック水晶

⑤ レインボー水晶

⑥ ファントム水晶

⑦ 星入り水晶

⑧ ガーデン水晶(庭園水晶)

● その他の水晶の種類1個

① タニウムクォーツ

そして水晶(クリスタル)に人工的な処理を加え、色合いなどを変化させた宝石があります。
語尾に「オーラ」と付くのが特徴です。

クリスタル(水晶)に不純物が混じり色のついたものを 「色つき水晶」(紫水晶=アメシスト/黄水晶=シトリンなど/紅水晶=ローズクォーツ)といい、またインクルージョン(内包物または包有物)を含んだり、結晶の形が変わって見えるものを「変わり水晶」といいます。