アントワープ ダイヤモンドルースの貿易額が大幅減少

アントワープの2 月のダイヤモンドルースの貿易額が新型コロナウイルスの影響で大幅に減少した。

ダイヤモンド

AWDC(Antwerp World Diamond Centre)の統計によると、香港のショーの影響で香港への輸出額が大幅に減少し原石の輸入が高いレベルを維持した一方、原石の輸出は減少しました。

2 月の石の輸出は 907 万カラット(7 億1791 万ドル)を記録。 これは、昨年2 月に比べ重量基準7.92%、価値基準15.89%減の数値なのです。

しかし、1 月に鉱山企業の原石の販売量が増加した後だったので、宝石用原石の輸入は 829 万カラット(6 億8332 万ドル)を記録し重量基準 19.30%、価値基準10.06%増加しています。

ルースの貿易は大きな打撃を被り、1 月の減少が2 月まで続いた。 裸石の輸出は28 万6,756 カラット、5 億6009 万ドルで、重量基準37.74%、価値基準54.83%下落。

2 月にアントワープは 36 万7,724 カラットの裸石を 6 億8454 万ドルに輸入、昨年2 月に比べ重量基準4.03%、価値基準11.11%に減少してしまいました。

1〜2 月の石の輸出は 1675 万カラット、14 億9000 万ドルで、前年のような期間よりも重量基準6.77%、価値基準11.87%に減少。しかし、宝石用原石の輸入は1640 万カラット、15 億1000 万ドルで、 重量基準29.87%、価値基準12.28%減っています。

同じ期間、裸石の輸出は57 万カラット、117 万ドルで、昨年同期比で重量基準24.66%、価値基準 42.21%減裸石輸入は 82 万カラット、100 億6000 万ドルで、重量基準 11.10%、価値基準12.12%下落。

宝石業界も新型コロナウイルスによりパニック状態に陥っています。