CVD(化学気相蒸着) 成長法による合成ダイヤモンド

HPHT と比較したとき CVD 合成ダイヤモンドは、既存の産業で先端材料への応用が可能、という大きな利点を持っている。

ダイヤモンド

まだ、中国のCVD 産業は小規模ではありますがこれまでの高速成長と発展に鑑みれば無視することはできない。

中国の主要なCVD 合成ダイヤモンドメーカーすべてが宝石用の宝石を生成することが可能な能力を備えています。

これらの製品は、2016 年の宝石市場に初めて登場しました。生産規模は比較的小さく、各工場はHPHTほど力を入れているとは言えません。