宝石用のHPHT 合成ダイヤモンドとその研磨

2018年に宝石用のHPHT 合成ダイヤモンドの生産量は、原石基準で500万カラット以上であり、ほとんどはインドで研磨されて、世界中の宝石類の市場に供給さました。

ダイヤ

中国で生産されている宝石用品質のHPHT 合成ダイヤモンドは無色から黄色、 青、ピンク、オレンジ、茶色まで様々であり、その中のピンクは結晶成長後の調査とアニール処理を介して生成されます。

いくつかの企業は、無色で、ほぼ無色(D〜H カラー)の範囲の原石を20カラット以上にも成長させることができる技術を持っています。

5つ以上の会社が1 カラット未満は無色でほぼ無色である原石の決定を大量生産することができており、3〜4 カラット以上の黄色の宝石用原石も大規模に生産可能になっているのです。