HPHT高温高圧法による合成ダイヤモンド

中国はHPHT 技術で開発した産業用合成ダイヤモンドの世界で最大の生産国に成長しました。

2015年の物量は120 億カラット(一部では150億カラットと言われています)を越えて全世界の工業用ダイヤモンドの供給量の98%を占めました。

中国の HPHT 合成ダイヤモンドの生産量は2018年に180億カラット(3,600 トン)に増加したとも言われています。

1990年代以降、中国は工業用合成ダイヤモンド中心から宝石用品質の HPHT 合成ダイヤモンドの成長をのための技術を独自開発しだしました。

特に無色であるタイプ IIa 素材の大量生産をのためのキュービックプレス、いわゆる立方体高圧装置の開発に着手した。

2015年の初めから深センと北京にある国営NGTC 鑑定院では、複数の顧客にによって依頼された無色のHPHT 合成ダイヤモンドが確認され始めました。

その時からすでに合成ダイヤモンドが、中国の宝石市場に進出しており、天然ダイヤモンドとして販売されていたと考えられます。

現在、無色(D〜F)でほぼ無色(G〜J)のHPHT 合成ダイヤモンドの中国の生産量は、世界の約90%を占めているのです。