急成長した中国の合成ダイヤモンドの生産とメーカーの現況

中国は産業用と宝石用品質のHPHT(高温高圧)法の合成ダイヤモンドを、世界で最も多く生産している。

2018年産業HPHT 合成ダイヤモンドの原石決定生産量は180 億カラットで宝石用は500万カラット以上に増加。

中国での宝石の合成ダイヤモンドを製造するいくつかのメーカーの成長技術、品質、生産量はどうなっているでしょうか。

中国の合成ダイヤモンドは、1964年に最初に開始されました。 以降、中国政府の支援と業界の共同の努力を介して、中国内の合成ダイヤモンドの生産は前例のない成長を見せ成長技術も大幅に向上しています。

1990年代には、中国で独自に開発されたキュービックプレスが推進され、大規模に使用されて以来、中国が HPHT 法で製造した工業用合成ダイヤモンドが、世界市場に進出しました。

2014 年に鄭州のシノ・クリスタル(Sino-Crystal)ダイヤモンド会社は、ほぼ無色である宝石用品質 HPHT 合成ダイヤモンドを作り出しました。

Jinan ZhongWu New Materials社は、高品質で大型化した無色の HPHT 合成ダイヤモンドを作り出したが、このダイヤモンドは従来の市場の取引の懸念を読み込む起爆剤となった。

一方、中国でのCVD 合成ダイヤモンド成長技術は、 HPHT 合成ダイヤモンドに比べて、2012 年までに大型の製造工場がなく、比較的作る速度も遅ければ規模も小さかった。

それでも最近数年の間に CVD 合成ダイヤモンドに焦点を当てたいくつかの会社が登場した生産された製品と成長技術は急速に発展した。

代表的な会社は浙江省の寧波クリスディアム(Ningbo CrysDiam)工業技術会社と上海ジェンシ(Zhenshi) テクノロジー会社で、さまざまな色と大きなサイズの宝石用CVD合成ダイヤモンドを大規模に生産している状態です。