デビアス、2019年原石の売上高の減少 需要の減少とグローバル経済の不安により

デビアスの2019年の重量基準原石の販売が8%減少しています。

ダイヤモンド 蛍光性

ダイヤモンド原石の市場の鈍化と研磨部門の需要の低下が原因とされています。

デビアスの最近の発表によると、2019 年の宝石用原石の販売量は、3090 万カラット、2018 年の販売台数は 3370万カラットであり減少の原因は、中流部門の供給過剰に起因する需要の減少とグローバル経済の不安が挙げられます。

カラット当たりの平均販売価格は低価格商品の割合が増えるに従って、20%下落した137 ドルを記録。

デビアスのサイトの実績発表をもとにラパポートが推定したところによると、結果的に 2019 年の売上高は25%減の40 億4000 万ドルを記録。

デビアス価格指数(同一品目原石のため価格変動を測定した指数)は6%下落しています。

デビアスは、市場環境を考慮し、2019 年の生産量を前年比13%減の3080 万カラットに調節されました。

4 四半期に行われた2 回のサイトを通じた販売量は 29%減の700 万カラット。
4 四半期の生産量は15%減の780 万カラットを記録しています。

2018 年の4 四半期の売上高は、990 万カラットであり、当時は3 回の催事が開催されました。

デビアスは、2020 年に 2019 年より多くの3200 万〜3400 万カラットを生産する計画であり、増産の理由は、市場環境の改善が予想されるから、とされています。

デビアスは南アフリカのベネチア鉱山の生産量の増加を予想しています。