シルバー925とスターリングシルバーについて

シルバー925とスターリングシルバーについて

シルバー925とスターリングシルバーはどちらも有名な銀合金の名称で、一部の通販サイトでは『同じ物』として取り扱われている事も多いです。

本来この二つの合金は別物として取り扱う物であり、特に金属アレルギーを持っている人であれば注意が必要です。

■ シルバー925とは

基本知識として、「銀合金の純度というものは、純銀を1000として合金に含まれる銀の割合を3桁の数字で表す」物という事を覚えて下さい。

つまり、シルバー925という銀合金は、92.5%の銀と7.5%の割金を利用した銀合金という事です。

7.5%の割金には、大抵の場合『銅』が利用されるのですが、他にも亜鉛やアルミニウムが利用される事があります。

シルバー925というものは、92.5%は銀で出来ているのですが、7.5%は他の金属が混ざっている事になります。

■ スターリングシルバーとは

スターリングシルバーも同様に92.5%の銀が含有されているという点は同じです。

しかし、スターリングシルバーを名乗れるのは、残りの7.5%について『銅』を割金に使用している物だけです。

つまり、スターリングシルバーという銀合金は、銀と銅のみで作られた2元合金のみなのです。

日本ジュエリー協会では、シルバー925の銀合金のうち、割金に銅のみを使用しているシルバーのみ『スターリングシルバー』と名乗ってよいと定めており、銅以外の割金を利用している物に関しては『シルバー925』と表記しなければならないと定めています。

その為、「シルバー925とスターリングシルバーを同じ物として扱う」という事は間違いなのです。

925の場合には、銅の他にニッケルやアルミニウム等の金属が割金として利用されていますので、ニッケルにアレルギーを持っている人であれば、アレルギー反応が出てしまう恐れがあるのです。

アレルギーだけではなく実は、銀と銅のみで作られるスターリングシルバーは、銅を含有することにより『時効硬化』というメリットを得られるのです。

これは、時間と共に、銀と銅が作る結晶の成長がおこり、金属が硬くなっていくという特性です。

長く使用することを前提としたアクセサリーの素材としては、スターリングシルバーが非常に優れていると言えるのです。