合成ダイヤモンドを販売したデビアス

世界最大のダイヤモンド会社であるデビアスは、130年の歴史の中で2018年に初めて合成ダイヤモンド宝石の販売を開始しました

ダイヤモンド

人工ダイヤモンドは1950年代から製造されてきましたが、デビアスは合成市場への参入に長い間抵抗していました。

現在、最高の宝石の品質を備えた大量の合成ダイヤモンドを生産する技術は十分と言えます。

ダイヤモンドは、他にはない輝きを放つ透明な宝石として高く評価されています。また、すべての素材の中で最も硬いものの1つであり、触ると冷たく感じます。

これらの顕著な属性はすべて、ダイヤモンド結晶内の原子の完全に規則的な配列に依存しているわけです。

人工ダイヤモンドもこれらの原子はすべてまったく同じであり、ただの炭素とも言えます。

この配置の小さな欠陥は、間違った場所にある原子、欠落している原子、または異なる元素の原子であっても、ダイヤモンドの色に大きな変化をもたらす可能性があります。

たとえば、10,000個ごとに1個の炭素原子を窒素原子に置き換えると、透明な宝石が茶色になります。

この完璧な結晶に炭素原子を配置するのは簡単ではなく、炭素は鉛筆の芯に使用する柔らかい黒のグラファイトの結晶を形成することが望ましいので、地球の表面で自然に起こることはありません。

この環境では、炭素原子は、酸素や水素などの他の原子に、よりも簡単に結合する傾向があります。

これは、純粋なグラファイト結晶を作ることさえ難しいことを意味します。

天然のダイヤモンドは地球の奥深くで作られ、適切な温度と圧力で適切な成分が集められ、何百万年もかけて地表に運ばれます。

これは非常にまれな事だと言えます。人工のダイヤモンドとは決定的に異なる部分ですね。