誰かのためにジュエリーを購入する際に考慮すべきポイント

まずは贈るジュエリーの種類を決めることですね。

贈る相手はいつも指輪を着けていますか、ピアスホールは開いていますか、それとも場所に関係なく毎日ネックレスをしていますか?

相手を定期的に観察できる場合は、その人が着る服の種類も注意。

一緒に住んでいる場合は、宝石箱の中身を覗いて、より多くの手がかりを見つけましょう。

もしくは、Instagramフィードを見て、好きなものへの視覚的なガイドとして使用します。

次は、金属の種類です。

最も一般的な金属の種類は一般にイエローゴールド、シルバー、ローズゴールドであり、多くの女性は好きな色を持っています。

色は非常に重要な要素なのでしっかり調査しておきたいですね。

どんなタイプのジュエリーを買いたいか、そしてどんな色を着ているかがわかったので、詳細に入りましょう。

女性にネックレスを買おうとしているなら1つのポイントは、チェーンの長さです。

彼女が短いネックレスを着用する傾向がある場合、おそらく35-40センチのチェーンを好むでしょう。

しかし、彼女のネックレスのほとんどが長い場合、50センチのチェーンを好むかもしれません。標準的なネックレスチェーンの長さが40センチであることは考慮に入れておいてください。

もっと個人的なものを選びたい場合は、彼女の誕生日を調べて、その月にどんな石が合うかを見つけ、その色の宝石が埋め込まれたネックレスを彼女に買ってください。

ピアスにはドロップからスタッド、フープ、ステートメントピアスまでさまざまなスタイルがあります。

種類が多くて選べないという方には彼女が週のいつでも着けることができる一対のきらめくスタッドピアスに投資することをお勧めします。

指輪は事前に指の太さを知る必要があるので、指輪は贈り物に最も扱いにくいジュエリーの一つでもあります。あなたの最善の策は、コレクションから1つを借りて、店に持って行ってサイズをチェックすることです。

それが可能性でない場合でも、リングを購入しているストアの交換/返品ポリシーを確認してください。いくつかの店舗では、購入から数日以内に無料でサイズ変更できるリングサイズ設定サービスも提供しています。

手間をかけてでも最高のプレゼントにしたいものですね。