ウォッチ&ジュエリー部門のさらなる強化へ LVMHがティファニーを1兆7600億円で買収合意

高級ブランドグループであるLVMH モエヘネシー・ルイヴィトンは、去年から米国のジュエリーブランド ティファニーの購入に関心を示していました。

LVMHのロゴ

LVMHは「最近の市場の動きを踏まえて、LVMHグループはティファニーとの取引の可能性に関する予備的な議論を行っている」と述べました。

報告によると、LVMHは有名なジュエリーブランドを145億米ドル(約1兆5,815億)で購入することを目指していました。

「これらの議論があったからといって、何らかの合意に結びつくという保証はありません」とLVMHは述べています。

LVMHの高級時計とジュエリーのポートフォリオには、ショーメ、タグホイヤー、ゼニス、ブルガリ、ウブロなど名だたるブランドが含まれます。

グループの宝飾品事業は、最も強力な製品セグメントの1つと言えます。

2019年の最初の9か月でジュエリー部門は、ブルガリによる卓越したパフォーマンスに支えられ、4%の収益成長を記録しました。

ブルガリの象徴的なラインであるセルペンティ、B.Zero1、ディーヴァ、フィオレバー、そして新しいセルペンティ・セドゥットゥーリ・ウォッチコレクションは、ブランドの継続的な成長に貢献しました。

LVMHによると、タグ・ホイヤーは象徴的なラインに注力し続け、ウブロは着実に進歩し、いくつかのコラボレーションからの新しいモデルでラインを強化し続けています。

11月25日、LVMHは162億米ドル(約1兆7,600億円)でティファニーを買収する最終的な合意を締結したと正式発表しました。