エルメス・バーキン 内側ポケットの素材や刻印の仕様変更ついて

エルメス・バーキンの仕様変更ついて

内側ポケットの素材

◆ 旧・スエード素材の内ポケット

◆ 新・ヤギ側素材の内ポケット

2010年頃の製造から、ポケット内部の素材がスエードからヤギ革に変更されている商品があります。

刻印の位置

エルメスの刻印は、製造された年などを表します。

2016年以前は、ベルトの裏側に刻印がされていて、それ以降は商品の内側に刻印されています。

◆ 旧・ベルト裏側の刻印

◆ 新・商品内側の刻印

ベルト金具のブランド刻印

3年程前からバッグ正面のベルト金具に刻印されている「HERMES PARIS」の横に「-」が入っています。

しっかり見ないと気付かないポイントですが、内側の刻印を見なければ製造年が分からなかったバーキンにおいては、唯一、外見上から見分けれるポイントです。

◆ 新・「HERMES PARIS」の横に「-」が入っている金具

◆ 旧・「-」が入っていない金具

カデナに革が巻かれている

こちらにおいては、バッグ本体と同色の革が巻かれている場合があります。

また、巻かれている商品は、以下の特徴があります。

◆ 白、薄いベージュなどの淡色

◆ クロコダイルなどの爬虫類素材

どちらも、共通していることは、とても”デリケート”な色や素材です。

カデナは、前面の丸い金具に通すことで、両サイドのベルトを固定することが出来るのですが、その際にバッグ本体と接触することで、バッグ本体に傷がついてしまう可能性があり、それを防ぐ為に、カデナに革が巻かれていると言われています。

できるだけ長くキレイに使えるように配慮した、エルメスならではの特徴ですね。