モンクレールの正規品と並行輸入品の違いについて

モンクレールの正規品と並行輸入品の違いについて

モンクレールには、国内正規品と並行輸入品の2種類があります。

正規代理店を通して販売される国内正規品と海外から直輸入された並行輸入品があります。

モンクレールの国内正規品と並行輸入品はタグで見分けます。

モンクレールの国内正規品と並行輸入品は流通経路が異なるだけなので、商品そのものを見ただけではどちらなのか判断がつきません。

注目すべきはタグの違いで、国内正規品であれば正規代理店が発行したタグが付いています。

タグには正規代理店の名前とその所在地のほか、プロダクトID(製品ID)とバーコードが印字されています。

プロダクトIDはその商品固有の番号ですので、たとえ同じモデルの同じ商品であってもそれぞれID番号は異なります。

このIDをモンクレールの公式サイトで入力すると、本物であるかどうか簡単にチェックすることが可能です。

なお、正規代理店の名前は2009年にモンクレールジャパン設立後に輸入されたものに関しては「モンクレールジャパン」で統一されていますが、それ以前の商品に関しては時期によって正規代理店の名前に違いがあります。

過去のものには

2001/8~2005/12「ペッパージャパンコーポレーション」

2006/1~2008/3「スープリームスインコーポレーテッド」

2008/4~2009/3「スプレンダーズ&カンパニー」

といった名称の代理店が輸入を行っていました。

正規代理店の名前がモンクレールジャパン以外だからと言って、必ずしも基準外ではありません。

一方、商品に代理店発行のタグがついていないものはすべて並行輸入品です。

一般的なタグしか付属されていない商品は並行輸入品と判断できます。

正規品と偽物の違い

国内正規品はタグに記載されたプロダクトIDからも本物であることを確認できて2年の保証、そして並行輸入品に比べて品質チェックが厳しいところです。

並行輸入品は新品なのに細かい傷があったり、縫製が甘かったり品質が劣るケースが多いことです。

店によっては買取を断られてしまうケースもあり、買取額もかなり安くなります。

プロダクトID確認サイト http://code.moncler.com/