宝石の複合企業 KGKグループがアンゴラのダイヤモンド部門に2,500万ドルを投資

KGKグループ(以下KGK)は、アンゴラに最先端のダイヤモンド製造施設を設立することで、アフリカでの足跡を強化しています。

ダイヤモンド市場の雇用創出

ダイヤモンド

KGKはインド、ロシア、南アフリカ、ボツワナ、ナミビアでグローバルな製造事業を展開しています。

KGKのマネージングディレクターであるサンディープ・コタリ氏は、グループがアンゴラ事業に2,500万米ドルを投資して、月に8,000カラットのダイヤモンド原石を製造し、当初200人以上の雇用を創出していると話しました。

また、専門的な訓練を通じて地元のチームに一流の業界知識と専門知識を提供し、ダイヤモンド製造のノウハウを高めています。

コタリ氏は、KGKの最新のイニシアチブは、アンゴラ政府の進歩的なビジョンと一致しており、ダイヤモンド市場の雇用創出に対する投資が地域経済を活性化させる可能性があると指摘しています。

「私たちは、製造施設のセットアップに必要な知識と技術を提供することを目指しています。アンゴラの労働力を訓練し、自立可能にすることは、目的の1つです。ダイヤモンド業界全体の成長を約束するエコシステムを作り上げるつもりです」と彼は述べました。

鉱物資源・石油大臣であるディアマンティーノ・ペドロ・アゼベド氏は、アンゴラ国のダイヤモンド取引会社であるソディアムEPも出資している施設を開設しました。

就任式でアゼベド氏は、「アンゴラは鉱業資源が非常に豊富です。経済的に大きな可能性を秘めたこの地域は、ダイヤモンドの3番目に大きな産出国であり、アフリカで最大かつ最も多様化した鉱区の1つです。同省は、企業と緊密に協力して投資を増やし、特にアンゴラでの雇用を創出しています。」と話しました。

KGKによると、この新しい工場には最新のダイヤモンド製造技術が搭載されています。

KGKとは

KGKグループの基礎は、1905年に宝石の取引で築かれました。それ以来、18か国で多次元的な成長を達成し、宝石および宝飾品業界での鉱山業者から一種のブランドとしての地位を構築し、進歩してきました。

1986年にダイヤモンド加工事業を設立し、1996年にジュエリーの製造を開始。今日では、ムンバイ、香港、タイでジュエリーを製造しています。

2004年、香港のKGKによる高級ジュエリーブランドEnticeを立ち上げました。このブランドには現在、香港とインドに4つの独立したブティックがあります。

香港に本社を置くKGKは、12,000人を超える従業員を擁し、アジア、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、およびオーストラリアで事業を展開しています。