カルティエ、ヴァンクリーフ&アーペル、ブチェラッティが堅調 ジュエリーの販売がリシュモンの成長を後押し

ラグジュアリーブランドを多数擁するリシュモンは、2019年12月31日までの3か月間で、前年同期比で全体の6%の成長を記録しました。

高級ジュエリー

当グループの宝飾品部門は、香港市場での抗議による不確実性にもかかわらず、高級宝飾品のカルティエ、ヴァンクリーフ&アーペル、ブチェラッティが好調に推移したため、レビュー期間中に売上高が9%増加しました。

一方、時計職人は、「香港の厳しい状況にもかかわらず、直営ブティックの売上高が増加し、前年同期とほぼ一致して卸売販売が行われた」と、わずか4%のわずかな売上改善を記録しました。

リシュモンによると、ヨーロッパでの全体的な売り上げは、有利な比較数とほとんどの市場での堅調な売り上げにより9%増加。

アジア太平洋地域は、中国と韓国での2桁の大幅な売上成長により2%の増加を記録しました。

これは、香港での厳しい売上縮小と他のアジア市場での対照的な業績を相殺する結果となっています。

南北アメリカの売上は5%増加しましたが、中東とアフリカの売上は3%増加しました。

日本の売上高は、主に比較的強い円と2019年10月の付加価値税の増加により観光客の支出が減少したため、7%減少。

リシュモンによると、小売チャネルは香港での一時的な店舗閉鎖のマイナス影響の中で売上が5%増加しました。

「中国での販売は特に注目に値します」と同社は続けています。今やアジアの市場における中心は中国に移っていると言えます。