果たして市場で天然のダイヤモンドにはまだ需要はあるのか?

オランダに本拠を置くアムステルダムの宝石店 ボネバッカーのオーナーであるジャニー・イウェマ氏は、ダイヤモンドにはまだ顧客がいると言い切っています。

「私たちは多くのダイヤモンドを販売していますが、カラーストーン(色石)のほとんどはダイヤモンドよりも珍しく、よりユニークな存在であるため、私たちはカラーストーンにもっと照準を合わせています」と彼女は言います。

日本国内でもダイヤモンドほどの認知度はありませんが、パライバトルマリンやパパラチアサファイア、一部のエメラルドはダイヤよりも高値で取引されています。

アムステルダムに拠点を置くエースジュエラーズのアロン・ベン・ジョセフは「社会の多くの変化にもかかわらず、ダイヤモンドジュエリーは依然として愛の強い象徴である」と述べました。

ロイヤル・アッシャーなどの一部のダイヤモンド企業は研究室で育てたダイヤモンドに投資したかもしれませんが、これは天然ダイヤモンドに対する人々の欲求が衰えたことを意味するものではない、とマイク・アッシャーは別のインタビューで述べています。

合成されたダイヤモンドもジュエリー業界で立ち位置が変わってきたように感じます。