IWC国際保証期間が2年から8年に延長される「MY IWC」とは?

2019年11月19日 IWCは、国際保証を2年から8年に延長する「MY IWC」プログラムを発表しました。

MY IWCとは

MY IWC」の加入は、IWCの腕時計購入者の方が対象で、登録によって国際保証の期間が2年から8年へ延長されます。

2年以内にIWCの時計を購入し、保証期間が有効な時計を所有する方も登録の対象となります。

この他、会員には新製品やイベントに関する情報への先行配信など、様々なサービスが予定されています。

MY IWC導入の背景には、IWC設立150周年を記念し、2018年に開設されたマニュファクチュールセンターの存在があげられます。

これによってワークフロー、コミュニケーションの効率化がはかられました。

MY IWCの導入、特に保証期間の延長は、よりユーザーに寄り添ったサービスの提供ができるようになった事で実現しました。

下記IWC.comでオンライン登録をして、最大8年間の延長保証ができます。
https://myiwc.iwc.com/ja/register/manual

そしてIWCの時計に並行差別はありません。

これは、IWCがリシュモングループの一ブランドであることがその理由だと思われます。

ちなみに、リシュモングループの時計ブランドといえば、他にカルティエやパネライなどがありますが、それらも同様に並行差別がありません。

よって、時計自体が本物であれば、並行輸入品であっても国内正規品と同等のアフターサービスが受けられます。

当然、修理やオーバーホールの内容や料金に差がつくこともありません。