ダイヤモンドは永遠 時代と共に変化する関係性と愛の表現

デビアスの有名なスローガン「ダイヤモンドは永遠」が、ダイヤモンドジュエリーを愛の究極のシンボルとして押し上げました。

ダイヤモンド

しかし絶えず変化している世界で、ダイヤモンドはまだカップルのにとって支持されているのでしょうか?

ダイヤモンド・インサイトレポート2019で、デビアスグループは愛が世界中のダイヤモンドジュエリーの購入の原動力であり続けていることを明らかにしました。

ただし、時代の変化とともに、関係性と愛の表現も進化しています。

たとえば、このレポートは、ダイヤモンドジュエリーは、結婚した男女の間だけでなく、関係を記念したい同性カップルの間でも、愛の普遍的なシンボルと見なされていると言います。

婚約や結婚式を祝うためのダイヤモンドジュエリーも、今日の宝石市場を形作っています。

同レポートはまた、同性カップルがダイヤモンドを関係を尊重上で重要であると見なしていると言います。

ダイヤモンドの購入により個人に合ったアプローチを探し、性別に依存しない最新のカスタマイズされたデザインを好みます。

興味深いことに、デビアスは同様に、自分の婚約指輪を購入する米国の女性の数が5年以内に7パーセントから14パーセントに倍増したことを明らかにしました。