インドで宝飾品部門への減税が決定されました

インドで宝飾品関連の製品およびサービスに対する物品、またはサービス税(GST)を削減すると決定されました。

宝石店

これはジュエリー業界の関係者にとって歓迎すべき決定です。地方経済の成長を再燃させるために税率を引き下げています。

日本の業者としては羨ましい限りですね。

インドのGST評議会は、ダイヤモンドに関連するサービスの料金を5%から1.5%に引き下げ、カットおよびポリッシュされた半貴石の税は3%から0.25%に引き下げました。

かなり大幅な引き下げになっています。

GJEPC議長のアグラワル氏は、「これらの措置は、ビジネスのしやすさを高め、輸出を促進し、インドを近隣諸国に対して競争力を高め、投資先として魅力的なものにするでしょう」とコメントしています。

ジュエリー業界は、法人税の25%減税など、全体的な減税イニシアチブの恩恵も受けています。

新しい製造ユニットに対する15%の税や輸出信用限度の改善、これにより零細、中小企業はかなりビジネスがしやすくなると考えられます。

インドで最大かつ最も大切な祝日「ディワリ祭」の前に刺激策を提供することも期待されています。