香港貿易発展局による2020年における宝飾品輸出の展望

香港貿易発展局(HKTDC)によると、マクロ経済および地政学的な課題の中で、2020年における香港の宝飾品輸出は安定した消費者需要により支えられていると考えられています。

宝飾店

2020年の輸出見通しでは、保護主義やその他の課題の増加を背景に、2020年に香港の全体的な輸出が2%減少する可能性があると述べました。2019年の全体の輸出は4%減少に落ち着くと予想されています。

しかし、高額な宝飾品の出荷は昨年からの勢いを維持し、10.7%の成長を記録しました。これはすべての主要な輸出部門の中で最も高い成長率でした。

香港の宝飾品輸出の成長は、2019年を通じて一貫して堅調に推移しました。

最近になって金と銀の価格は回復しましたが、こうした宝飾品の需要は、消費者の継続的な需要によって支えられる可能性があります。

最大の可能性を秘めていると見られる市場セグメントには、スタイリッシュなファッションジュエリーの他、結婚式や特別な機会での需要があります。

主要経済国で採用される可能性が高い金融政策の緩和と中米貿易交渉の断続的な進展を見せていますが、香港の輸出成長は2020年まで圧力の影響を受けると考えられます。

中米の貿易紛争は部分的に解決されるかもしれないが、これを乗り切るために香港の輸出業者は市場と生産を多様化する必要があります。

これらのさまざまな地理的要因すべてを考慮に入れた上での、香港の2020年の輸出に関するHKTDC Researchの予測は、前年比で2%の縮小となっています。