金価格の高騰と米中貿易戦争の影響について

香港を拠点にするコングロマリット周大福(Chow Tai Fook Jewellery Group Ltd)のマネージングディレクターであるケント・ウォン氏によると、香港とマカオの市場は近いうちに厳しい状況が続く可能性があるため、ジュエリー小売業者も成長のために中国に銀行を利用しています。

ジュエリー市場についての展望

周大福は、2019年9月30日に、終了した6か月間の利益が前年比20.8%減少したことを報告しました。

かなり大幅な減少ですが、これは主に金価格の高騰と米中貿易戦争と香港での公的事件の影響によるものです。

売上は落ち着いているものの、ウォン氏は、結婚式や旧正月のお祝いに金製品を使おうとする需要が、ホリデーシーズンのビジネスを後押しすると予想しています。中国も良さげな見通しですね。

「中国の低層および郡レベルの都市に進出す​​る周大福の戦略は、グループの成長の勢いを維持します」とウォン氏は続け、これらの分野が可処分所得の増加により中国の消費の成長を促進していると付け加えました。

これらの都市での高級品の需要は今年さらに高まると予想されます。

周大福はこれまでに333箇所もの販売拠点を開設しました。

「宝飾品業界は、今後の課題を克服し、持続可能な開発に努めるために協力し合うと信じています。業界に回復力があるということは、進化する顧客のニーズに応えられる、ということを意味します。より洗練され、断片化された消費者需要により、宝石商は潜在的な顧客に購買体験をより関連性のあるものにする必要があります。」とウォン氏は述べました。

世界で最も重要な市場である米国の宝飾品販売の約50%を占める売上が見込まれています。