今年の真珠業界の展望 良質の製品は堅調な売上に

マクロ経済の低迷の結果としての中国のバイヤーの購買力の低下は、2019年の真珠の需要に影響を与えましたが、日本真珠輸出協会(JPEA)の清水会長によると、良質の製品は引き続き堅調な数字を保っています。

真珠 業界の価格

バイヤーは現在、白い南洋真珠と良質のタヒチ真珠に注目していますが、これらは不足しています。清水氏は、これらの需要は2020年も安定しているか、さらに高くなると指摘しています。

タヒチ真珠の平均価格は、5年前の約28ドルから2018年には23ドルに達しました。「現在の価格は農家が生き残るには低すぎる」と清水氏は明らかにし「品質管理部門は厳しい価格帯で苦しんでいる」と付け加えた。真珠業界でもダンピングは続いている模様です。

「真珠の場合、小さいサイズを製造する方が安価です。高品質のタヒチ真珠は、リキテア産のように大規模なオークションやその他の市場ではあまり目立ちません」と彼は付け加えました。

オーストラリアの白南洋真珠は現在、約110ドルでオークションで販売されていますが、商業品質のインドネシア真珠は45ドルから50ドルです。

価格重視のバイヤーは、品質の良い商品が不足しているため、主に直径9mmから11mmのパールを求めています。バイヤーからの強い需要のおかげで、価格は安定しています。

購買力が弱いにもかかわらず、中国のマーケットはゆっくりとしたペースではあるが依然として拡充していると清水氏は指摘しました。

ただし、香港の状況が解決されない限りこの傾向は続くと予想されます。