2019年から今年にかけてのカラーストーン市場について

カラーストーン業界も2019年に減速し、主要な市場である中国では需要が低迷しました。

カラーストーン

ICA(International Colored Gemstone Association)のClement会長は「最大のハードルは貿易見本市で香港に入国する中国の金融規制である」と述べました。

これは都市単位の社会的事件によってさらに悪化しています。この部門は他にもEU離脱により欧州で市場の後退に見舞われました。

しかし、高品質の商品に対する需要は引き続き堅調であり、米国市場は引き続き回復。

米ドル高と好調な株式市場のおかげで、ジュエリー部門に対する信頼も回復しつつあります。

2019年の好調な売上を叩き出した宝石は、レッド、コバルトブルー、グレーのスピネルでした。

アクアマリン、オパール、パライバトルマリンや、パステルグリーン、イエロー、ピンク、ブルーのサファイアも同様に調子が良かった。

エメラルドは常にバイヤーの買い物リストに載っていますが、特にモザンビークのルビーは取引で勢いを増しています。

これらの宝石は、2020年にさらに注目されると予想されます。

中国、インド、および東南アジアは、宝石および宝飾品部門の成長を後押しし、それに続いて中東および米国が成長する見通し。

宝石業界は消費者の信頼を高めるために、責任ある安定した仕入れ、透明性、調和したグレーディング基準を引き続き推進していく必要があります。

「地政学的な緊張や消費者の考え方の変化は、短期的には貿易に影響を与える可能性があります」と同氏は述べています。

カラーストーンの希少性について最終の消費者に上手く伝えることが重要だと考えられます。

顧客に美しい色合いや品質の話だけでなく、説得力のあるストーリーをしっかり伝えることができれば業界自体はまだまだ大きく成長する可能性があります。