230カラットを超えるダイヤモンド原石が発見される

ロシア最大のダイヤモンド生産企業であるアルロサは重さ230カラット以上のダイヤモンドを発掘しました。

230カラットを超えるダイヤモンド

アルロサ社が3年以上にわたって発見した宝石品質の最大の石です。

ダイヤモンド鉱山の露天掘りの縦坑であるウダーチナヤ・パイプから抽出された232.40カラットの八面体を持つ結晶は、黄色がかった色調といくつかのチップを持ち、寸法は40mm x 39mm x 23mmです。

同社のCEOは「このような大きな宝石品質の結晶は非常にまれです。もちろん、それらはアルロサの鉱床に存在しますが、2016年に200カラット以上の重さのダイヤモンドが採掘されて以来、これほど大きなものは見られませんでした。」と述べました。

原石は詳細な研究と評価のために、アルロサの米国販売機構に送られます。

ウダーチナヤ・パイプ

2019年にもアルロサはウダーチナヤ・パイプから191.46カラットのダイヤモンドも採掘しています。

1955年に発見されたウダーチナヤ・パイプは、世界最大の主要なダイヤモンド鉱床の1つ。1967年の開発以来、この鉱床は何百もの大きなダイヤモンドを採掘しています。2019年の最初の9か月で、ウダーチナヤ・パイプは235万カラットのダイヤモンド原石を生産しています。